中学受験にかかるストレス

3月 19, 2015 by chugakujukeno
私が中学生の時に中学受験をしました。教科が国語と算数と面接でした。私は第1志望校が難しくて第2志望校を受験したのですが、私よりも母の方がストレスが溜まっていたようです。心配性な母親ですから、合格安全圏にいなかった私が不安でしょうがなかったのでしょう。しかし、本当にストレスがたまるのは中学受験をする本人達です。落ちたらどうしよう、親が怒るのではないかと感じて実力を発揮できなくなる可能性は十分考えられます。受かることを考えるのではなく落ちた時の言い訳を考えてしまうのです。そのような負の連鎖に陥らないためにもお母さんは絶対に不安な表情を出さないでください。できることなら、余裕だという態度で日々生活をするとお子さんの不安も取り除くことができるでしょう
もしかしたらラストスパートで成績が上がるかもしれません。自分の能力が無限にあることを知ったお子さんは無敵です。怖いものなんてありませんから、逆に期待することもできるかもしれません。ご両親が大丈夫って信じ続けてあげることこそお子さんにとって一番の栄養剤となることを忘れないで上げてください。これからの中学受験シーズンを頑張って親子で乗り越えてください。

Sorry, the comment form is closed at this time.